Contact GloveはVR空間内で物に触れる感覚を忠実に再現することが出来ます。

独自開発した、形状記憶合金(SMA)由来のコイルを用いた触覚フィードバックモジュールにより、指の腹に圧力を加え、 物に触れている・掴んでいる感覚を再現します。

既存の触覚フィードバックグローブは振動モータを使って疑似的に触覚を再現するものが殆どです。振動モータを用いた触覚フィードバックでは、 デバイスを小型に出来るというメリットがありますが、その触覚は全くリアルではありません。

我々は現実で物に触れた・掴んだ時と同じように、指の腹に圧力を加える事の出来るモジュールを開発し、現実的にコンシューマーへの普及を 目指した価格・コンパクトさに落とし込みました。
Our Technology
形状記憶合金を用いた触覚フィードバックモジュール

我々は形状記憶合金を用いたコンパクトで安価な触覚フィードバックモジュールを開発しました。

この触覚フィードバックモジュールは電子回路が組み込れ、指を包み込む形で筒状に加工されたフィルムと、コイル状に加工された形状記憶合金によって構成されています。

コイルは指の左右それぞれの側面に配置され、その両端はフィルムに溶接されています。
グローブに内臓された電子回路からコイルに電圧が印加されると、コイルが自己発熱し収縮します。コイルが収縮することでその両端に接続された筒状のフィルムは指の腹を圧迫する形で運動します。このように指の腹を圧迫することで触覚フィードバックを行うのが我々の触覚グローブの革新的な点です。

形状記憶を使うことで既存の振動モータを使ったグローブよりリアルな触覚を再現しつつ、コンパクトなデバイスにすることが出来ます。
単純に物に触れた感覚だけでなく、魔法や炎を持っている感覚などを再現する事も出来ます。

単なる再現ではなく、新しい触覚のデザインでゲーム体験の幅を広げます。
Magnetically Mounted Controller
正確なボタン入力が求められるゲームでは別売りのコントローラを取り付ける事も可能です。マグネットで簡単に着脱出来るうえ、握る必要がないのでグローブの快適性を損ないません。
Power Supply
バッテリーパックは簡単に交換ができるようになっているため、長時間のプレイにも対応しています。別売りの充電器を使用することで、同時に多数のバッテリーを充電する事も出来ます
Specification

Battery duration: 5h without haptics / 2h with haptics
Charging time: 3 hours
Wired Communicaion: USB type-C
Feedback cycle: 5hz
Haptic feedback: 24 point of haptic feedback and one LRA
Finger tracking: Finger bending and thumb spreading

Compatible with Unity, Unreal Engine, SteamVR
Contact